事故車の査定落ちは補償してもらえるのか

車を売却しようと査定をしてしてもらった後で事故に遭いその査定額が落ちてしまうことがあります。いわゆる事故車となってしまうため、被害の程度が少なくてもその査定額は極端に下がってしまうことが多い物です。この場合責任割合にもよりますが、一般的には相手に全面的に責任がある場合には補償してもらえることがあります。特に既に売買契約を買取業者と済ませている場合などは自動車の所有者だけではなく買取業者に対しても損失が発生しますので、この場合にはその補償に関する扱いを明確にしないと覆わぬ損害賠償を所有者が負わされることにもなりかねません。
しかし、自動車対自動車の事故の場合には、一般的には双方の保険会社との交渉になるためなかなか全面的に相手が悪いといった事にはなりにくい物です。この場合には、早めに弁護士に相談する事が重要です。弁護士は独自の基準で依頼主に有利な形で処理をしてくれる上、保険会社同士ではなかなか解決できない部分にもしっかりと判断をして請求してくれますので、事故による査定落ちの部分を損害賠償として補償してもらえる可能性が高まるのです。このような場合には泣き寝入りせずに弁護士に相談することが良い方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする